Archive for 3月, 2011

The core:Paraboot(パラブーツ) Chambord(シャンボード)他 

月曜日, 3月 21st, 2011

靴の選択は本当に難しい。
自分で合わせに行っても、本当に合っているのか、その場の雰囲気というか、店員にアレコレ言われながら、足先に集中させているが、ウチに持ってかえると「???」なことも。

結局、なんというか、こういう商売をしていると、モノから訴えかけられないと基本的に気持ちがむかないというか。

前置きが長くなりましたが、パラブーツのクローズアップをお届けします。
どうぞ、穴が開くほどにご覧ください。なかなかショップでもじっくりとは見れないこともあるでしょうから。

パラブーツ クローズアップ

The core パラブーツ クローズアップ

その他のThe core はコチラから

パラブーツのレザーは、私が今まで見た中でもエイジングのし甲斐がありそうでしたよ。
所有されている方、うらやましい・・・

商品・画像に関するお問合せはこちらまで。
お問い合せフォーム


お問い合せ

月曜日, 3月 21st, 2011

商品に関するお問い合せ、
ページに関するお問い合せ、

その他何でもお答えできる範囲のお問い合せは以下のフォームから。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

メッセージ本文

 


The core: m+(エムピウ) Doppio(ドッピオ) レザーエイジング

日曜日, 3月 20th, 2011

エムピウのバッグ、ドッピオのエイジングページができあがりました。
使い始めて1年半くらいたったでしょうか。
まだまだ成長中ですが、いい感じになりました。

商品撮影をしていて、自分がほしくなってしまった・・・
ついつい衝動買いでしたが、今では手放せない相棒のドッピオです。
ヌバッグは手入れが少々手間ではありますが、銀面レザーにはない、しっとり感が魅力ですよね。
私はヌバックを保湿栄養クリームなどでテカテカにしたりはしない!、そう決めてセコセコと手入れをしておりました。

こうなってくると、ホント、育てるのが楽しくなります。

商品・画像に関するお問合せはこちらまで。
お問い合せフォーム

そういえば、最近お問合せが増えてきたこのアイテム。

エムピウ タンニンレザー&ピッグスキンの一生モノな、マウスパッド

このアイテムなんかは、毎日使うし、見るし、見られるし。
財布やバッグのように変形もしにくく、環境も割りと安定していますね。(部屋の中ですからね)
目に見えて日々エイジングを堪能していただけるでしょう。
仕事で疲れたときなんかにふと目をやるのも、いい息抜きになるかもしれません。

エムピウ マウスパッドは、m+タンニンレザーのマウスパッド をご覧ください。


Morphoseブログの新しいカテゴリ、“The CORE”

日曜日, 3月 13th, 2011

webshop Morphoseでは、長く使うほどに味わいや重厚感の出るものを取り扱い、所有感や男としての道具にある“艶”を大切にできるアイテムを探求しています。

実際に取り扱っているものすべてを所有しているわけではありませんが
それでも“使ってみた感”をレポートできるものも多数あります。
ようやく育ってきたアイテムもちらほら、こうして皆様に情報提供できることを誇りに思います。
その名も“The CORE”。我ながらいいネーミングだと。。。。

まだまだ数は少ないですが、
このカテゴリもエイジングと同じく、月日が経てばいい情報源となっていることでしょう。

近日に公開しますのでお楽しみに。。。


追伸:コチラのコーナーはすでにUPされています、モルフォーゼトップページからリンクがあります。
http://morphose-homme.com/top/thecore.html


サイトマップ

木曜日, 3月 10th, 2011





リクエスト:Morphoseデザイナー訪問:m+

火曜日, 3月 8th, 2011

この記事は少し前のもの。
今見てもデザイナーのコンセプトが詰まった過去ブログ(以前使ってたCMSのもの)は面白いものだ。だから新しく越してきたコチラにも掲載させていただこうかと。


みなさん、こんにちはー。

先週東京出張行ってきましたよ。日中は暖かくても
やっぱり東京の夜も寒かった・・・

てなわけで、今週・来週の2回に分けて、東京出張での「Morphoseのデザイナーさん訪問」をお送りします。
まず1回目は、なんとあのエムピウさまを直撃します!!最近ではかなり「m+」ブランドもメジャーですよね? オーナーってどんな方なんでしょうね?!ガッツリ素顔に迫りますよ!!
そして2回目は、Visionnairehのトレンチコートをご提供くださったMollowさまとの対談をお送りします。
Morphoseでも取り扱っていますが、そのブランドが生まれているゲンバを訪ねます。


======エムピウ代表 村上雄一郎ってどんな人?======

お邪魔したのは1Fにある、ショップ。 念願叶ってやっと来られた!!

お声をかけさせていただくと、2階からオーナーであり、デザイナーの村上雄一郎氏が降りてこられました。

M:ああ、どうも!やっとお会いできました!今回はお忙しいところお邪魔します。
村上氏:(以下 村:)あーいやいや、こちらこそ・・・

そんな、当たり前のやり取りから始まりました。

まずはアイテムを見ながらのお話をいただきました。
多少緊張の面持ちで伺ったのですが、最初の1時間足らずで気兼ねなく、色々とお話をさせていただきました。(失礼がなければよかったんですが)
初めはどこそこのショップがこのウエストポーチをよく販売してくれるとか、エムピウ自体のWEBショップはどうだとか、割と具体的な話を伺っていました。
ですがそんな話も初めだけで、脱線しまくりの、でも本当に楽しい時間をすごしました。

ショップ店内の様子。敷布のレザーがなんともカッコイイ!!
壁面にもアイテムがズラリと並んでいました。ずいぶんあるんだなあ!

======エムピウの世界感を垣間見る=========

革といってもすごく種類がある、染めにも種類があるのもみなさんご存知かと思います。
村:「エムピウではイタリアで染められたブッテーロという革を使っています。ブッテーロに使用されるのはフランス産の原皮です。ブッテーロにこだわるわけではないんだけど、成牛でこれだけの仕上げをできるところはそうそうないんです。中には『ウチは食用牛の革を使っています』っていうのをウリにしたり、その逆もあったり。肉は霜降りがおいしいけど、革は脂っこくなっちゃうとか、そんな話も聞いたことがあります。
日本にもなめし工場はあるんですけどね。そんなこんなで、なかなかブッテーロに匹敵する革が手に入らないんですよ。」

へぇ~、革にも色々あるんですねぇ・・・・
そういえば、Morphoseで扱っている「國鞄」はすべて国産だって話だから、よほど革に値段がかかるんだろうな、とふと思った瞬間でもありました。
村:「それだけいい革を使うんだから、なるべくそのままで使ってやりたいってのが基本ですね。なるべく1枚の革をそのままにね。なるべくいじらないから、製品になっても革のよさが生きてくるんですよ。」
村上氏が作る製品は、どれも新品よりも何年か経過してきたほうが俄然格好よくなる。ある程度使ったものを見て、その後で新品を見るとほとんどの人が使ってきたほうがイイ!!と指差すくらいだ。
村:「ウチの商品を扱ってくれているお店の方でね、財布(ミッレフォッリエ)をメインにやってくれているところなんですが、ある日泥棒に入られちゃってね、その人がずっと使って自分で育ててきた財布も取られちゃって。一番それを嘆いていて、あまりにかわいそうだから同じサンプルのものを提供したんです。もう一回初めからだけど育ててあげて下さいって。」
なんかイイ話なんで聞いているこっちまでジーンときてしまいました。

感情豊かにお話くださる村上氏。人とお話されるのもお好きなんでしょうね。

お話の場所を移動して、2階の事務所へ上がりました。
うーん、ここが「m+」の生まれるゲンバかー
何か感慨深いなぁ~~

マシン好きのボクとしては、たまらない光景!!
どうやって使うんかな?何か作りたい・・・


ここで試作を作られてたんでしょうか?
切り出された革が山のよう。何か作りたい・・・


ずらりと並んだレザーの山!
何か作りたい・・・

素材はアレだとしても、縫製とか作りとか、日本人は『イタリア製』とかに弱いですけど、村上さんはどう思いますか?
村:「日本の縫製とかは細かいところまですごく綺麗。
イタリア製は、ブランドとかにもよると思いますが、いやブランドというより、街の革製品屋さんとかでは
仕上がりが多少やぼったくなっても厚いまま使ったりしているようなところもあるかと思います。
その雰囲気が割といい感じだったり。
また厚いまま使うので千切れづらくなり、結果丈夫ではないかと。エムピウも国産ですが、その辺はちょっと厚いままといったところがあるかもしれません。
イタリアの革製品屋さんが作るものは、なので割と丈夫なのでは。長持ちするから、いい味がすごくでる。また壊れても修理してまた使うってのが普通。どちらかというと日本人は新しいの買っちゃう、みたいなところってなくもないですよね。エムピウでは、壊れたら可能な限り修理出来たらと思っています。といっても全部してたらやっていけなくなっちゃいますが。ま、その辺も含めて可能な限りということで。そういえば前に販売当初にサイフを買っていただいた方がいらしてね、新しいのも買ってくれたんですけど、これもなんとか修理して使いたいって。ほんとにボロボロだったんですが修理というか、別注みたいになっちゃいましたよ(笑)」

それだけ、大切に愛着を持ってもらえるのも、作り手としては嬉しいことに違いないなと、また熱くなってしまうのでした。
みなさんも、「こんな面白い商品を作る人ってどんな人なんだ?」と気になった思いますが、ざっくばらんで、大変お話しやすい方です。

======エムピウが見ているもの=====

エムピウはこれからもどんどんと躍進をし続けていくのだろうと思う。
村:「スーツの下につけても膨らみが気にならないウエストポーチとか、考えていることは色々あるんですよ」
えー、本当ですか?!楽しみ!早く見たい!!


てな感じでした。今見ても見ごたえあるぅ~



ついに完成!Morphose+FOXアンブレラ スペシャルクロス“Prince”+クロコ調レザーハンドル

月曜日, 3月 7th, 2011

この店を始める前からずーっと夢見てきたこと。
それは有名ブランドでオリジナルを作ること。

今回はそんなにも大袈裟なことではないけれど、
まちがいなく!「Morphoseの店でしか手に入らない」アイテムです。

FOXアンプレラ クロコレザーハンドル+プリンスクロス

できましたら、Morphoseで通常扱いしておりますFOXを十分にご覧になってから見てください。そうしたらその価値観、きっと変わることでしょう。
まずはFOXアンブレラ Morphoseコレクション をご覧くださいね。



まだ帰ってこないMorphoseドメインちゃん・・・

月曜日, 3月 7th, 2011

いよいよ24時間が経過した。ついにメールも来なくなった。
WEBショップのほうはというと・・・なぜか売れている。
しかも女性モノの傘、FOXがっ、女性からオーダーをいただいている。

ご注文をいただけるのはとてもありがたいこと。
でも「男前製作所」って名前に抵抗感ないのかなぁ~
みなさん当たり前ですが、男女もちろん平等。
どなたもお客様ですからね。

ご注文いただいた方、ありがとうございます!!
しかしFOXの人気はすごい・・・


本日は“運命の日”なり。

月曜日, 3月 7th, 2011

2年続けてきたMorphoseも、いよいよ脱皮の時期が近づいてきた。

よりディープな情報、そして出会った感動。
これらを明確に、わかりやすく伝えるには「改革」が必要。

情報量もそこそこになってきたので、より多くの人に見てもらっても大丈夫かな、
というわけで、SEOも強力なものに改造する必要もある。

表面的な改造から、心臓部分を弄繰り回す改造。
外観はほとんど変わらないけど、内部構造はほとんどリニューアル。
この3日間、ほとんど睡眠できず。

意を決してサーバーの切り替え。
www.morphose-homme.comが消えた。サーバー切り替え中だから。
48時間後には復活の予定。ホンマでしょうね?
そういえば、こないだ衛星の探査機、でしたっけ??2年ぶりかなんかに衛星から電波がかえってきたのって。なんかあれの心境と同じ。

かえってこいよぉー、Morphoseのドメインちゃん!!


ソフトレザーの風合いを楽しむバッグ、ペニッシュミント

月曜日, 3月 7th, 2011

オーストラリアから、愛用したいバッグが届いた。
オーストラリアらしく、アースカラーをまとったバッグ、「ペニッシュミント」。

バッグの底面にも!全面にソフトレザーが贅沢に使われながらも、私の想像の6割程度の価格で作られているコストパフォーマンスの良さ。
バッグのカタチやサイズも面白く、意外に普通のサイズは少ない。
だからこそ、「ああ、こういうシーンでバッチリなのがほしい」というのには、もうベストオブベスト。まあ、百聞は一見にしかず、です。


ペニッシュミントの詳細を見る

ペニッシュミントは本当にいい質感で、手触りがもう、サイコーです・・・